カレッジライフ

 

 

 

大学生の一人暮らしを応援します。

 

東京の大学に合格し、一人暮らしを始める学生の皆さんを未来空間は応援します。

学業に専念するのに住環境は考慮すべき問題ですし、

友人との交流を図るにしても近隣の迷惑は考えないといけません。
住まいのことで悩みがあればみらい空間にご相談ください。きっといい解決方法を見つけられますよ。

 

東京大学安田講堂

 

■駒込駅から乗り換えなしで通える主な大学一覧(乗車15分以内)

駒込駅を起点とし15分以内で直行できる駅のそばにある大学一覧です。南北線の開通で飯田橋、四谷、市ヶ谷周辺の大学が楽々通学圏内になりました。巣鴨から都営三田線を利用したり、途中駅で乗り換えれば更に多くの大学へ短時間で到着できます。

 





 東京メトロ南北線

駒込(0分)

本駒込(2分)

東大前(4分)

後楽園(7分)

飯田橋(9分)

市ヶ谷(11分)

四谷(13分)

 

女子栄養大学

東洋大学

東京大学・日本医科大学千駄木校舎

中央大学後楽園キャンパス

東京理科大学・日本歯科大学歯学部

法政大学・上智大学・中央大学・大妻女子大学・日本大学短期大学

上智大学四谷キャンパス

 

 JR山手線内回り

池袋(7分)

目白(9分)

高田馬場(11分)

立教大学

学習院大学・日本女子大学・川村短期

早稲田大学・学習院女子大学・東京富士大学短期大学部

 JR山手線外回り
上野駅(9分)

東京藝術大学・上野学園大学音楽学部

 

■ 一人暮らしをいよいよスタート!

部屋の契約だけは済ませたけれどそれから先はまだぜんぜん準備してなない...。
そんなあなたにみらい空間からのアドバイス!

 

 

 

1.引越し業者の選定

引越し業者はタウンページを開いただけでもびっくりする程たくさんあります。また、不動産会社で斡旋してくれる業者もあります。その中から数社選んで査定してもらいましょう。だいたいの荷物を聞かれるので答えると、無料で査定してもらえます。そして、一番安いところを選んでみる。
2tトラックもいらないという人は、引越し単身パックや赤帽さんに頼むと安く上がるかもしれませんよ。また、3月は引越しのピークでどの会社も忙しいので、なるべく早めに会社の選定と依頼は済ませておきたいですね。

 

 

2.家電はどこで買おうかな?

テレビ・冷蔵庫・洗濯機等々、量販店で購入してしまうのが一番楽です。品揃えも豊富だし、店員さんも親切に商品のことを教えてくれます。もちろん、配送サービスもやっています。
また、安上がりで済ませたい人は、リサイクルショップで購入したり、知り合いから譲ってもらうのも手です。
ここでわすれちゃいけないのがお部屋の採寸です。いざ家具を購入したところで、洗濯機や冷蔵庫の大きさ、カーテンの長さ、照明のワット数が合わなくて取り付けられなかったら悲しいことこのうえないですから

 


3.電気・ガス・水道ってすぐに使えるの?

たいていの物件は、電気と水道はすぐに使えるようになっていて、名義変更の電話だけですむようになっています。
ガスの場合、ガス会社との立会いの下、ガス器具の安全点検を行ってからガスが使えるようになります。ガス会社も忙しい時期ですから、引越し当日にきちんと来てもらえるように、早めの予約をいれておきましょう。

 

 

 

4.入居したら誰にあいさつすればいい?

同じ物件内や、物件の近所にいるなら大家さんに。不動産会社の担当者に「あいさつしたほうがいいですか?」と尋ねてみてください。あとは、音で迷惑をかける可能性がある両隣と真下の部屋の住人です。

 

 

5.入居してからの注意事項って、何かありますか?

●夜中や朝早くに大騒ぎしないようにしましょう(テレビ・ステレオ・友達との談話など)

●ゴミは決まられた日に分別して出しましょう

●勝手にペットを飼わないようにしましょう

●廊下やベランダなどに物を置かないようにしましょう


などなど日常的な当たり前のことを守っていれば、ほかのアパートの住人地も問題なくやっていけるでしょう


6.お金のやりくりに自信がないんだけど・・・

まず、ひと月の予算から毎月必ず支払わなければならない費用を確保しましょう。具体的には家賃、光熱費、通信費などです。それには絶対に手をつけず、残ったお金で食費や雑費をまかなうのです。最初のうちは光熱費や通信費の金額がわからないので、余裕をもった計画を立てておきたいものです。
半年くらいすれば、毎月の支出を大まかに把握できるようになるので、お小遣いの見通しも立てられるはずです。家計簿を付けておくと、お金の使い方に計画性もでてくると思います。