契約までの流れ

 

 

  駒込エリアで希望の賃貸物件を探そう!

 

 

部屋探しの前に... 部屋探しで失敗しないために、押さえておきたいポイントのご紹介です。

 

 

1.まずは希望条件の整理

 

【予算】

間取り、設備、立地等の条件はばっちりなのに、いざ生活することを考えたら「あれ?食費がない・・・」なんて悲しいことは嫌ですよね。一般的に、家賃は収入の3分の1が目安といわれています。光熱費や交通費、通信費等とのバランスを考えながら予算を決めていきましょう。

 

【間取り】

場所・築年数・広さ・設備等が組み合わさって家賃は決まっていますから、同じ予算でも場所を優先するか、広さを優先するかでは選ぶお部屋は変わってきます。
ご自分のライフスタイルや荷物、予算と相談して、最低限必要な間取りや広さをイメージして決めましょう。

 

 

【条件】

「オートロック付きでバストイレが別でガスコンロでフローリングで築浅・・・」限られた予算内で探すにはバランスが大切です。「あれもこれも」では大幅に予算オーバーになったり、物件が一つもなかったりなんてこともありかねません。物件は一長一短です。自分なりにこだわり条件に優先順位をつけて、ある程度余裕を持った条件でお部屋探しに臨みたいものです。


【場所】

エリアは通勤・通学に無理のない範囲で選ぶのが基本ですが、家賃によっては○○駅限定では物件が出てこないという現実もあります。例えば、山手線限定だと家賃相場が高いので、そこから一本外れた沿線を考えてみるのも一つの案です。

 

2.物件情報を収集

 

さて、住みたいお部屋の条件が決まったら情報収集です。
雑誌やインターネットではお部屋の情報がもりだくさんです。
気になる物件情報に出会ったら、まずは電話やメールでお問合せしてみましょう。また、希望の条件を伝えておけば条件に近い物件をご紹介してくれると思います。

Q「同じような物件が多数の不動産会社で広告している。どこにお問合せすればいいの?」
A「そのような場合、迷わず住みたい駅の不動産会社に直接お問合せしてみましょう。地元の業者ですから、地域のことにも詳しいし、雑誌やネットに掲載されていない物件情報も紹介してくれる事でしょう。」

 

 

3.不動産会社訪問

さっそく不動産会社訪問です。
住みたい町に降り立ち、その町の不動産会社をあたってみるのがベストです。町の様子もすぐにわかるし、地元業者ならではの掘り出し(?)物件情報があるかもしれません。
ちなみに、来店日時を不動産会社にあらかじめ電話予約しておくのも大切です。いきなり訪問して、案内スタッフ全員外出中なんてことがあったら困るからです。

 

4.現地見学

図面で良さそうな物件があったら実際に内見です。
見たい物件があまりにも多い場合、混乱を防ぐためにもあらかじめ図面上で検討して、数件に絞って見に行きましょう。
さぁ、お部屋の雰囲気を感じ取ったら、自分の部屋にするためにお部屋とにらめっこです。
メジャーを持って言って、窓の高さや収納の奥行きなどを採寸しておけば、家具類の配置を考えるのに役立ちます。また、コンロや冷蔵庫、洗濯機置場のサイズをみておくのも忘れないようにしましょう。
駅までの距離や、コンビニ・スーパーの場所など、周辺環境をチェックしておくことも大切です。

 

5.申込み

気に入った物件が見つかったらさっそく申し込みです。
申込書にはご自分の氏名・住所・勤務先(学校名)・年収等書き込む欄があり、連帯保証人についても同様です。たいていの物件は連帯保証人が必要ですので、あらかじめ保証人(できれば親族)の目星をつけておいてください。
このときに、申込金をあずけなければおさえておいてくれない物件もあるのでご注意ください。

 

預り金・申込金とは・・・入居を申し込むと、入居の意思を示す為に「預り金」「申込金」などの名目で数千円~賃料の1ヵ月分くらいのお金を不動産会社に預けることがあります。
これは、「借りたい」という意思表示を示すものです。このお金は、契約の成立・不成立にかかわらず、返還されるものですが、念のため、そのことを明記した預り証を受け取りましょう。但し、軽はずみなキャンセルは不動産会社に迷惑をかけることになるので、申し込みはくれぐれも慎重にするようにしましょう。

 

6.入居審査

入居を申し込んだら、家主の入居審査を受けます。
審査は、収入・保証人・人柄等、様々な見地から判断されます。審査結果は通常一週間以内でわかり、不動産会社から連絡がきます。


7.重要事項の説明/契約

審査に通ると再び不動産会社に出向き(物件を紹介してくれた不動産会社とここでの不動産会社はことなる場合が多いので注意)、宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受け、契約書の内容を確認します。
ここでわからない事があれば、後のトラブルを防ぐため、担当者に質問しましょう。
全てに納得したら、契約書に記名・押印して費用を支払います。
これで、契約締結となります。

 

8.契約時必要な費用の種

 

◎ 礼金・・・家賃の2ヵ月分
       部屋を貸してもらう謝礼として大家さんに慣習的に支払うお金。

◎ 敷金・・・家賃の2ヵ月分
       家賃の滞納時や、室内を汚損した際の担保として預けるお金。

◎ 仲介手数料・・・家賃の1.05ヶ月分(最大)
       物件を仲介してくれた不動産会社に対して支払う報酬としてのお金。

◎ 前家賃・・・家賃の1か月分
       賃料起算日から次回の家賃支払日までを日割計算したもの。

◎ 損害保険料・・・1~2.5万円(2年分)
       入居者に損害保険や共済会などへの加入を義務つけているケース      
       が多い。火災保険、家財保険、借家人賠償保険等。

◎ 鍵交換費(たまに)・・・1~2万円
       防犯のために入居者が替わると部屋の鍵を取り替えるケース

以上、契約金はおおよそ家賃の6か月分+アルファが目安だと思っておきましょう。
敷金、礼金については、お部屋によってはもっと安く上がる場合もございます。

 

 

類と目安